amazonギフト券 買取 大黒屋

「amazonギフト券を近くの大黒屋で買い取ってくれないかな?」

「大手の大黒屋ならきっと換金率も高いだろう」

amazonギフト券を買取してもらいたくても、残念ながら大黒屋では買取を行っていません

しかし、買取サービスを行っている会社は数多くあります。実はamazonギフト券買取はWebサイトで行う方法が主流なのです。

今回は実店舗型とWEB完結型を比較して、それぞれおすすめポイントをまとめていきます。

ぜひ、参考にしてください。

1:amazonギフト券を大黒屋が買取をしない2つの理由

知名度も高く利用者も多いamazonギフト券を大手の大黒屋が買取っていないのは、以下の2つがネックとなっているからです。

  • 未利用と利用済みの判別が困難
  • amazonギフト券自体に利用期限がある

これがネックのため買取のハードルが高くなっているのです。

詳しく解説をしていきたいと思います。

1-1:未利用と利用済みの判別が困難

amazonギフト券は、記載のコード(ギフト券番号)を自身のamazonアカウントに入力・使用をすると、その時点でギフト券自体に価値は一切なくなります

ご自身で利用をされる場合はこの流れで問題無いのですが、買取に関してはこの作業を行っているかの確認が必要となります。しかし確認の方法は上記の作業を実際に一度やってみるしかないため、非常に工数がかかります。

1-2:amazonギフト券自体に利用期限がある

amazonギフト券には利用期限があります。

  • 2017年4月24日以前の発行分は1~3年間の利用期限
  • 2017年4月24日以降の発行分は10年間の利用期限

期限が長いものと短いものがあります。発行日によって利用期限が決まるため、大黒屋が買取を行ったとしても利用期限までに売り切らないと、全く無価値となってしまうリスクがあるのです。

現在は2020年なので1~3年のamazonギフト券はほぼないですが、どちらにせよ商品価値がゼロになるリスクのある商品を買取するのは大黒屋にとってはリスクとなってしまいます。

2:実店舗型とWEB完結型の2つのamazonギフト券買取方法を比較

対面での手続きが希望でなければ、多くのメリットを得られるWEBでの買取をおすすめします。

amazonギフト券の買取は大きく分けて以下の2つに分類されます。

  • 店舗型買取サービス
  • WEB完結型買取サービス

安心感を求めるのであれば店舗型買取サービスもおすすめですが、スピードや換金率を求めるのであればWEB完結型買取サービスのほうが断然おすすめです。

2-1:店舗型買取サービス

実店舗は国内に23店舗存在します。

ネット通販や電子マネーが普及してきた関係もあり、WEB完結型が主流ではあります。

「安心感」という意味では実店舗の利用を考える人も多いですが、どうしても換金率が低くついてしまう事と労力がかかってしまうため「どうしても店舗じゃなきゃいやだ!」という場合で無い場合はあまりおすすめ出来ません。

  • 顔を合わせてやり取りができる
  • その場で現金が手に入る

上記のように2つのメリットがありますが以下のように3つのデメリットもあります。

  • 近所に無い場合、交通費がかかる(もしくは行けない)
  • 店舗運営費などが発生するため換金率が低い
  • 店舗ごとに買取条件に決まりがあるため売りづらい

交通費や自身の労力が加わると非常に損をしてしまいます。

2-2: WEB完結型買取サービス

現在主流である、インターネットでのWeb完結型買取サービスです。

普段ネット通販などを行ったりと特に対面でなくても問題ない、という方であればこちらの方法で買取に出した方が手続きと換金率からみておすすめです。

  • 手続き完了までのスピードが早い
  • 店舗を構えていない為、その分換金率が高い
  • 買取条件が簡単
  • 近所になくても利用可能

上記4つのメリットに対してデメリットは2つあります。

  • 顔を合わせない
  • 振込手数料等が発生する

絶対に対面での買取が良い!という場合はやめておく方が無難ですが、逆に「一切顔を合わせたくない!」という方であればこちらもメリットに転じます。

また現在は振込手数料が無料という会社も増えてきている為、こちらのデメリットがほぼ無くなりつつあります。

3:amazonギフト券買取【WEB完結型】重視する4つのポイント

Web完結型の、いわゆる「買取サイト」を使うほうがおすすめであるとお伝えしました。

WEB完結型のamazonギフト券買取では下記の4つのポイントを見てサイトを厳選しましょう。

  • 最低買取金額はいくらか?
  • 手数料がかからないか?
  • 振込までのスピードは迅速か?
  • 換金率は高いか?

上から順に重要度が高いと筆者は考えておりますが、自身の状況に合わせて最適な会社を選ぶのが良いかと思います。

4:amazonギフト券買取【WEB完結型】優良サイト5選

ここでは4章でオススメしたポイントを全て高水準で達成している、WEB完結型のamazonギフト券の買取サイトを5つ厳選して紹介していきます。

買取ボブ 買取デラックス ギフトグレース ベストレート AirGift
最低買取金額 3000円~ 3000円~ 500円~ 1000円~ 1000円~
振込手数料 無料 無料 無料(※) 無料 無料
振込までの時間 最短10分 最短30分 最短120分 最短15分 最短5分
換金率 82~87% 82~87% 最大87% 80%~90% 最大87%
おすすめ度 S S S A A

※ギフトグレースについては9,999以下の場合216円の手数料発生

上記の表5サイトがネットでの評価も高いサイトとなります。上記を利用すれば大きく外れることはないため、用途に合ったサイトを見極めましょう。

4-1:買取ボブ

買取ボブ

買取ボブは利用者の声が多く、安心感があります。また手数料が無料である事や振込までの時間も他のサイトと比べても非常に短く、信頼できます。

WEBを見てもらえれば分かる通り、振込までの時間等もリアルタイムで表示されるので、まずはここを見ておけば間違えありません。

4-2:買取デラックス

買取デラックス

買取デラックスは、買取ボブの姉妹店のため、安心感や信頼感はお墨付き。他の電子マネーの取扱も豊富なため、amazonギフト券買取以外にもお持ちであれば全てここに任せてしまっても問題ないというくらい信頼度は高いです。

4-3:ギフトグレース

ギフトグレース

ギフトグレースは、最低買取が500~という少ないギフトから交換可能。しかし9999以下は手数料が発生してしまう為、3000に満たない時などの利用がオススメです。

その他、既に利用してしまっているamazonギフト券の残高も指定商品を買い取ることにより換金可能な上、法人向けの取引プランなども用意がある為、多くのニーズに対応が可能となっています。

4-4:ベストレート

ベストレート

ベストレートは急成長している買取サイトのため、アグレッシブな施策が多い印象をもちます。1000円~の換金に対応している上に手数料も無料とかなりの優遇があるのもポイントです。

時期によっては換金率をアップさせていたり換金レートへの上乗せなども行っているのでまさにベストレートなサイトかと思います。

4-5:AirGift

AirGift

 

Air Giftは2013年から営業をしているため、非常に安定感のある老舗。会社としても「どこよりも高く」「どこよりも早く」と掲げている通り、最短5分での振込や非常に高い還元率である為、非常に高い視点で顧客のニーズを満たしています。

サイト構成も非常に分かりやすいため、amazonギフト券買取であればこの会社を選択して間違えは無いかと思います。

まとめ

ここまで【実店舗型】と【WEB完結型】のメリット・デメリットを紹介してきましたが、正直なところ実店舗でのメリットは対面、というだけでそれ以外はWEB完結型サービスに全て劣っているように感じました。
明らかに詐欺の様な【WEB完結型】のサイトであれば自身の選択肢から除外しておけば、全く問題ないどころかメリットを享受するだけです。ご紹介したサイトが皆様の参考になれば幸いです。